公務員試験で二次試験(面接)落ちする理由が分からない人がやりがちな7つの失敗

【最終更新日:2019年9月11日】

公務員試験対策の令和スタイル、スマホで出来るノーストレス(筆記、論文、面接)独学方法

 

1次試験の成績はバッチリ

足切りラインは楽々クリア、もしかしたら上位20位内、ちょっとすると上位10位内かも

とワクワクしていたのも遠い昔、結局2次試験の面接で落とされた・・・・

なんで!?

なんで公務員試験の面接「ごとき」に通らないの!?

せっかく一次試験に通ったのに
二次試験であっさり落ちてお先真っ暗

どうすれば良いの!?
自分のいったい何が悪いの!?

そんなあなたのために
大学の先生も、就活支援課の職員も、予備校の先生も「教えてくれない」

あなたが公務試験の面接にどうしても通らない理由を見つけるヒントをお伝えします。

 

公務員面接に落ちる人がやりがちな7の失敗

 

1.人と話すのが久しぶり過ぎる

もう何ヶ月も人と話していないのに、いきなり面接とか無理に決まっています。
現役の社会人でも1ヶ月も2ヶ月も部屋に缶詰になって勉強ばかりして、ある日いきなり面接なんて
ものを受けたら、挙動不審になること請け合いです。そりゃそうでしょう。

そう言いつつ、特に独学で自宅で学習をしてきた人によっては、マジで家族以外と話すの半年ぶりなんて猛者もいるので、自分はどうか振り返っておきましょう。

一番良いのは、短時間の接客業アルバイトを試験勉強の支障にならない程度に続けることです。それが無理なら、定期的に友人と遊びに行ったりしても良いでしょう。

人見知りである人
人前で話すことに慣れていない人

がある程度挙動不審になってしまうのは、仕方のない部分もありますし、そこは面接官も察してくれます。

ただ話慣れないにも限度があるので、マジで山奥の仙人みたいな外界とは隔絶されたメンタルにならないよう、外界とのチャンネルは何らかの形で残し続けるようにしましょう。

 

2.極端な意見をもっている

行政の是非というのは語ろうと思えばいくらでも色々な視点で見ることができます。

ネットスラング的にいうならネトウヨ的にも、ブサヨ的にも見ることができます。

あなたも昨今の日本の抱えるさまざまな政治的課題

温暖化対策
少子高齢化
女性の社会進出
ジェンダーフリー
待機児童
移民
同和

さまざまな諸問題について、右よりか左よりかの違いはあれ、それなりに言いたいことがあるのではないでしょうか?

それは与党批判であったり、野党批判であたっりするのでしょうね。

さて色々思うところがガッツリあるかと思いますが、悪いことは言いません、そんなネットで聞きかじった知識を濃縮したような濃い現像認識を面接で意識的・無意識的を問わず、漏らすのはやめましょう。

特に結局こうすればいいと思うとか、こんなのここが悪いだけとか

「わかったような口を叩くことだけは絶対にやめましょう。」

行政的課題に対して、最前線で戦う現役の行政職員にとって、ネットで言われているようなことは
ハッキリいって百も承知です。むしろ指摘が遅いぐらい。
そんな代替案、解決策っぽいものなんてとっくに検討した上で、それでもなお、根深い行政的課題があり

解決に至っていないのです。

年配の方が何よりも嫌うのは知った風な口をきく若者です。

それなら、まだすみません勉強不足でして、テレビで言われているようなことしか分からないのですが
と前置きした上で、ごくごく一般的な意見ついて述べる程度にとどめて置いたほうが100倍、200倍もマシです。

日本は思想の自由が認められています。
極端な意見を持つのは大いに結構です。

ですが、パチンコ屋の面接を受けるのに、朝鮮への資金提供の温床になっているとか言います?
そんなパチンコ業界を内部から浄化したいと思っていますという人間がマルハンに採用されるでしょうか?

往々にして学生のいう行政施策とは、さっさとアメリカが北朝鮮に核ミサイルを打ち込めば良いとか
そのレベルの知見に過ぎないということを自覚しておきましょう。

ちなみにあなたがすごく熱心で学生で、行政的な課題に対して、ガチで革新的で本当に効果のありそうな施策を持っていたとしても、それを自身満々に3分~5分と語るぐらいなら

「限界集落? 何が限界なんですか?」とでも言っといた方がマシです。

ぜひ、無知の知に自覚的になりましょう。

 

3.就活一般論が分かっていない

受験生も面接官もウソだと分かっていてつくウソが採用試験にはあります。

どこに採用されても大丈夫とか

内定をもらったらここに来ますとか

ここが第一志望でしたとか

そういうお決まりの文句です。

ちゃんと合格したらここに来ますという体で面接を受けていますか?

自分の地元ではない、都道府県庁ないし、市町村役場といった地方自治体を受験して、君地元は○○だよね
どうしてここなの? って聞かれて
「いや、○○を受けたんですが去年落ちたからです」とか馬鹿正直に答えてないですよね?

公務員試験を受ける学生は、完璧な公務員に対するイメージから、変に清廉潔白でも嘘偽り一切しませんというモードで
面接に望む人も多いですが、いやいや、公務員こそウソこそ言わないものの、言葉の綾でのらりくらりと躱すことが求められる仕事ですので

そんな熱血体育会系の正直者みたいなキャラは、そんなに評判は高くありません

正直に言ってしまったことの程度によっては、一発アウトになる可能性もあるぐらいです。

もし、公務員に対して、ものすごく清廉潔白のイメージをもっていて、何でも馬鹿正直に言えば高ポイントだと勘違いをしているなら、そんなことは全くないので、気をつけましょう。

4.最低限の身だしなみが分かっていない

ネットに蔓延るビジネスマナーには、正直気にしなくて良いものがいくらでもあります。

グレーのスーツを着ていようが
ちょっとワックスで髪が立っていようが
ノックの回数が2回だろうが、3回だろうが
革靴に紐が付いていようが、付いていなかろうが

そんなことは気にする必要はありません。
気になる業界もあるのかもしれませんが、少なくとも公務員試験において
ネットで話題になるようなレベルのビジネスマナーなんて一切気にする必要はありません。

ただ、ビジネスマナーはさておき、やはり人前に出る以上、最低限は持っておきたい清潔さというものがあります。

ワックスつけ過ぎでベチャベチャになった髪だとか
整えすぎて、不良のようになった眉毛だとか
ニキビまみれであきらかに不衛生な肌だとか
サイズ感があっていなく、すごくだらしなくなっているスーツだとか
もう一週間以上着まわしている黄ばんで汗臭いシャツだとか

クールビズだと言っているのに、自己PRをするためだけにわざと着て来ている上着だとか

ビジネスマナーどうこうではなく、人として、最低限の身だしなみは大丈夫でしょうか?
特に実家から一人暮らしのままで受験しており、かつ元々身だしなみに無頓着なタイプで
彼女のかも特にいない場合、誰にも注意されぬまま、意外ととんでもない状態になっているかもしれません。

実家に帰省した際に、いつもの面接の格好と見てもらうのも良いですし、遠ければ写メで送ってもらうのもいいでしょう。
もしくは異性の友達など

「とにかく俺の第一印象どこかヤバイ? ちゃんと清潔感ある?」
と聞いてみることも大切です。 客観的な評価というのは時として、思いがけない気づきを与えてくれるものですから。

 

5.挙動不審過ぎる

とにかく落ち着いて面接を受けましょう。落ち着いた態度にはいくつかコツがあります。

相手の目を見続けるのはコミュニケーション超上級者向けなので、そこまで無理をしなくて良いです。
というか、普通ずっと目をガン見されると相手も疲れます。

相手の鼻先あたりを見ると良いというアドバイスもありますが、それもうまくいかない場合
いっそ割り切って

相手が話しているとき
自分が話すことを考えているとき
自分が話しているとき

の3つにパターン分けをして

相手が話しているとき
→ 3秒に1回相手の目をみる、それ以外は相手から見て、伏せ目にならない程度に視線を下げて、相手の手元からあごの間ぐらいを見る。

自分が話すことを考えているとき
→ 思い切って視線を切って、机の上を見たり、床を見たりする。落ち着くならこのときだけ腕を組んだり、口元に手をやったりしても良い。

自分が話しているとき
→ 一番伝えたいところはしっかり目をみながらゆっくりと話す。伏せ目にならない程度に視線を下げて、相手の手元からあごの間ぐらいを見る。

このぐらいできれば、全然OK、厳しい面接官ならもしかしたら数点の減点があるかもしれませんが、無理して
話をするときも聞くときも、考えている間もずーっと目を見ようとするよりは超マシです。

後は視線のやり方以外にも
話し方が重要です。

とりあえず、原則は早口よりはゆっくり話した方がマシです。
挙動不審な人ほど、滑舌もあまり良くないのに、加えて早口で話すから全く何言ってるか聞き取れないことも多くありますし
聞き返したら返したで、若干不機嫌そうな目をされるので面白くありません。

コレは特に、自尊心の強い、プライドの高い、滑舌悪いオタク気質の人に多いのですが、聞き返されるのが嫌いだからといって
自分の滑舌が悪いことを棚に上げて相手にイラっとするのはやめましょう。

ほんの一瞬目つきが厳しくなっているだけと思っているかもしれませんが、あなたがイラッとした本の一瞬は面接官にもバッチリ見えています。
これはクセになっている人が多いので、二回聞かれてもイラッとしない訓練をした方が良いかもしれません。

緊張すると滑舌が更に壊滅的になる方へ
ただでさえ滑舌に問題があるのに、緊張すると更にどうしようもなくなる方は、トイレでできるすごく簡単な体操があるので
面接前にかならずやっておきましょう。

それは「舌を直接手でもって揉む」
それだけです。

「ぇ、そんなことで?」と思うでしょうが

これは超簡単かつ、速攻で滑舌が改善します。特に滑舌が悪い人にとってはカルチャーショックを受ける勢いで
ものすごく話やすくなります。

早口言葉とか滑舌を良くする訓練法はいろいろとありますが、結局これらはどれだけ舌を柔軟にするかということをやっているに過ぎません。
そして、ベロは筋肉繊維なので、直接揉むことによってもかなり柔らかくすることができます。

手が汚れるのですぐに洗えるようトイレでやるのがベストですね。

後は、面接が始まるまで歯に沿って、時計回りに20回、反時計回りに20回と舌を回転させる運動をやっていましょう。
これは外見からでは全然分からないので、面接の直前まで舌の柔軟体操を行うことができます。

唾液の分泌も促進されて、口がカラカラに乾いて声がでないということも防げるのでとてもオススメです。

目線をある程度定めて
しっかりとした滑舌で適度にゆっくり話せば

少なくとも面接でマイナスイメージなるほどの挙動不審状態より
だいぶ改善されるはずです。

 

6.仕事に興味がなさすぎる

ぶっちゃけて言うと
あなた、行政の仕事に本当に興味ありますか?

ないですよね。
どうせ公務員を選んだのなんて

営業ノルマないし
定期昇給終身雇用だし
転勤なしで地元で働けるし
倒産しないし
定時帰りだし

日本の誇る最高のホワイト企業だぜ、イェイ!!ぐらいのイメージで
受験していたりしませんか?

公務員にはなりたいけど
じゃあどんな仕事がしたいとそんなの一切ないのでは?

まぁ、良くて与えられたことは全力でこなす所存とかそんなでしょうか。
悪くて、採用されたらこっちのもの、適当に使えない仕事して、窓際に飛ばされて、一緒定時帰りの使えない平社員として給料泥棒してやるぜでしょうか。

まぁ面接官も分かっています。
今時やりたい仕事が本当にあって、民間企業と天秤にかけた上で、それでも公務員としてコレが!!
みたいな動機で公務員試験を受ける学生なんて、全体の1割未満でしょう。

安定
安定
安定

が公務員のなりたい理由なのは周知の事実です。

だけど、建前ぐらいはしっかりと持ちましょうね?
まさかそのまま、ありのままの自分で面接官にブチ当たったりしていないですよね?

まぁやりたい仕事
考えるのが難しいのも事実です。

経済学部とか法学部とか文系ならまだ学んだことに絡めて言いようがあるでしょうが
理系の学部を卒業して、行政事務職とか何を言ったものやら

行政的なトピックスは色々ありますが
そもそも、国の仕事、県の仕事、市町村の仕事、外郭団体と仕事、NPOの仕事と

一見行政的な話題に思えても、「いやその仕事はここではできんよ?」と言われる危険性は意外と多いです。

まぁ、県の税務課の職員として、自動車税の納税に取り組みたいとか、言ってることは合ってるけど、じゃあ何やるの?
なんでそれやりたいの?みたいな話題もありますしね。

なかなか難しいです。
自分で調べてもそれがどこの仕事なのか良くわからないときは、一般の市民、県民として
聞いてみるのも手です。 私学生で○○という問題について調べているのですが、これの所管をしている行政庁はそちらでよろしかったですか?
担当課をご案内いただけますか? とでも役場の代表窓口に電話すれば良いのです。ある程度丁寧な対応をしてくれます。

まぁ、こんな電話の一つかけたことのある学生なんて100人に1人もいないので、やってみるのもアリでしょう。
で、実際に○○課の○○さんに話を聞いて、こうこう考えて、この仕事に関わりたいと思ったとでも答えれば
なんかもう信じられないぐらいポイント高いと思います。間違いなく!!

7.フォローできない失敗を正直に話す

自分の失敗トークというものは、自分を語る上で、非常に有益なツールだったりします。

ただ、あまりにパンチの効きすぎている個人情報を面接のぶちかますのは考えものです。

同和地域の出身で差別にあったとか
中学生のときレ○プされたとか
小学校から中学校まで不登校だったとか
引きこもり歴が2年あるとか

そういうパンチの効きすぎて、ちょっと面接官もどうリアクションを取れば良いのかわからなくなるような
エピソードトークをするのは止めましょう。面接官もただの仕事です。そこまで赤裸々なプライベートトークありきの
深い面接とか予定していないのです。

もっとライトで
ある程度ライトなトークであなたを教えてください。

公務員試験における「面接」とは
民間の就職活動における面接とは大きく意味合いが異なります。

まず倍率もせいぜい高くても4,5倍ですし
社長とか役員が出てくることもなければ

自分を色に例えさせたり、マンホールが丸い理由を答えさせたりといった
なんの意味があるのかよく分からない質問もありませんし、もちろん圧迫面接なんて一切ありません。

ただ純粋に

自己PRとか、趣味特技とか、大学時代に力を入れたこととか、アルバイトの話とか、公務員としてやりたい・興味のある仕事の話を聞かれるだけです。

基本的に加点方式ではなく、減点方式

ヤバいやつを落とすためという目的が面接の目的の大半を占めています。
だって既にいる職員が結構ヤバいやつが多いから、よほどのことがなければ
そこまで目立たないのです。

電車のガラスを殴ってヒビを入れてお咎めなしなんて職員も昔は普通にいました。
(イライラしたんでしょうか)

だから別に
普通にしていれば良いのです。

特にもの珍しいことや、尖った意見、個性派アピールなんてしなくて良いので
とにかく、普通に「社会人として」、目上の方と接して、失礼のコミュニケーションをとって

あぁ、この子は普通の子だな。と思われる程度の評価であれば、合格するのです。

でも受からなかった?

 

次こそ上手くいく対策

 

1.自分が客観的に”まとも”か知る(カンタン)

自分が他人から見てどう見えるのか
それを知ることはとても難しいです。

特に、まともに見えない人ほど、それを知ることが難しいです。

ヤバイやつほど、自覚し辛いのはなぜか?
それは、誰も教えてくれないからです。

なんで誰も教えてくれないのか?
誰が見るからにヤバそうなヤツに

目つきが悪いとか
顔つきが犯罪者とか
姿勢が悪いとか
話し方が気持ち悪いとか
物の考え方が極端で犯罪的とか
話し方がいちいちイラッとするとか

そんな「恨まれそうな」こと「根に持たれそうなこと」を言うんですか
関わりたくないですよ。そんなヤバイやつ。

変にプライドを刺激して逆恨みされても嫌ですし
逆に「この人こんな自分のことを真剣に思ってここまで言ってくれてるなんて良い人なんだ
一生付いていこう」なんてストーカー的に懐かれても迷惑です。

だからもしあなたがマジでヤバイやつなら
多分親ぐらいしかそれを教えてくれません。

もしかしたら親も無理かも・・・

なんだったら
面接に合格できないのは俺の第一印象に問題があるかと思う
お願いだから親の欲目抜きでできるだけ客観的に「自分のどの辺が」
第一印象として問題ありそうか教えてくれない??

と聞いてみるのも良いでしょう。

 

2.自分が客観的に”まとも”か知る(キツイ)

どれほど心に傷を負う可能性があっても良いのなら、もっとストイックに自分の第一印象を見つめ直す方法があります。それは、大手カフェチェーン店のアルバイトの面接を受けることです。

スターバックスとか
ドトールとかですね。

吉野家とか松屋とかブラックワンオペ飲食は結構外見ヤバくても大丈夫なので、カフェ系がオススメです。

更にいうなら、民間企業の採用試験、もしくは就職活動エージェントの無料の面接対策のようなサービスを
利用するのも良いでしょう。

自分の外見や話し方から来る第一印象の問題点について、率直にアドバイスがほしいということを言えば
ある程度本音ベースで話してくれるはずです。

 

関連記事

公務員試験対策の令和スタイル、スマホで出来るノーストレス(筆記、論文、面接)独学方法

公務員試験対策の令和スタイル、スマホで出来るノーストレス(筆記、論文、面接)独学方法

公務員試験に不合格率90%!?「間違った」勉強方法トップ10

公務員試験に不合格率90%!?「間違った」勉強方法トップ10

公務員試験の勉強は絶対に「自宅でしてはいけない」3つの理由

公務員試験の勉強は絶対に「自宅でしてはいけない」3つの理由

 

スポンサードリンク

福岡の自毛植毛クリニック

SNSでもご購読できます。